ページの先頭へ戻る

【プレイホーム】キャラカスタム体験版レビュー

201708042345519de.png 
さて、前回に引き続き今回もIllusion最新作「プレイホーム(PH)」の話題。今回は先日公開されたキャラカスタム体験版をさっそくインストールしてみたので、新シェーダーやシステム周りの感想をレビューしていこうと思います。
(都合により今回は画像なしでのお送りになっていますが、後日ちゃんとスクショを撮っておきます。ゴメンナサイ!

今回の体験版は新たに導入された「エロリアルシェーダー」と「キャラカスタム」を体験できるもの。作ったキャラで「正常位」「座りフェラ」「股間いじり」の3つの体位を鑑賞することができます。結論から言うと、新シェーダーは好みが分かれるもののかなりリアル感が増しており、インターフェイス周りも実に親切になっていて、かなり製品版に期待が持てる内容となっています!


プレイホーム 
発売日: 2017/10/13
参考価格 9,504円
販売価格 6,795円(29%OFF)
    ※送料無料 (全国一律)
【予約特典】◆OL衣装2着セット
※抽選で10名様にVRディスプレイ「オキュラスリフト」プレゼント!

新シェーダーの感想

・肌表現はだいぶ現実寄り
2017072819340541b.png 
公式サイトの動画でもわかりますが、肌の質感についてはかなりリアル感があり、より現実の人間寄りなシェーダーに仕上がっています。ただ、人間っぽい肌の質感を「肌荒れ」と感じてしまう向きもあるようですので、ここは好みが分かれるかもしれません。確かに肌を拡大すると鳥肌みたいな毛羽立ちがあるんですよね。ここをリアルと感じるか、気持ち悪いと感じるかでしょう。まださほどいじっていませんが、肌色の調節などである程度ぺたっとしたアニメ肌にすることはできるかと思います。

・無段階調整できる涙の表現がグッド
20170804234506a7f.png  
ハニセレと違い、PHではキャラカスタム画面で目や口の表情や涙の度合いをいじることができるようになっています。特に「涙」についてはハニセレと違って無段階の調整ができるようになっていて、かつハニセレとは別方向に強化されたビジュアル(↑)に仕上がっているので要チェックです。

・ハニセレキャラは再調整が必要
ハニセレから連れてきたキャラの印象はだいぶあちらとは異なっていました。ある程度調整すればしっくり来ると思いますが、特に髪と肌の色については全然違う色に変わってしまう感じですね。黒髪だったキャラは栗の実のような色に、金髪はあせた金属色に変わっていました。ちなみに肉感についてもデータ継承されるようですが、ウチの春麗さんは元よりも腹筋背筋バッキバキのエグい人間凶器に・・・アワワワ・・・

・モザイクがちょっぴり進化
あと、ビジュアル面でいいなと思ったのは、男性器のモザイクです。これまでのillusionのモザイクは本当にカックカクのモザイクうまい棒みたいなもので、さきっちょなんかスパっと平面だったような気がしますが、今回は立体の表面をモザイクにするのではなく性器部分に2D的にモザイクを掛けるような手法になっていて、だいぶ見られる出来になっていました。どうせMODを入れるので関係ないんですけどね(笑)

システム面の感想


・キャラカスタムがハニセレ踏襲+進化!
今回のキャラカスタムはほぼハニーセレクトのキャラカスタムを踏襲したもので、ハニセレユーザーはいつもどおりの感覚で直感的に操作することができます。体験版では一部の衣装しか収録されていませんが、基本的にハニセレ+パーティーの衣装と髪型が収録される見通しなので、ほぼいつもどおりのキャラカスタムといった印象。ハニセレで好評だったアクセサリの「調整」や「左右反転コピー」などのユーティリティーもそのままですので、今のところキャラカスタム画面で「アレできなくなったのかよ!」と感じるところはありませんでした。
新しい部分としては、ハニセレのキャラカスタム画面では簡単な表情変更しかできなかったのが、PHではスタジオと同じように目や口をいじったり、涙や頬の紅潮をつけたりすることができるようになっています。ライトも調節可。ちなみにキャラカスタム画面で取らせることができるポーズは「いつもの」シリーズでした。

・目と口の表情に名前がついた
以前「ハニーセレクト ゲーム概要とレビュー」で書いた「次回作で改善してほしいポイント」に書いていた願望が思いがけず実現することになりました。ハニセレではスタジオで目や口の表情をつけるときに「0、1、2・・・」とクリックして変えていくシステムで、直感的に「笑顔」とか「嘲笑」「アヘ顔」といった名前がついていないのが今ひとつユーザーフレンドリーではありませんでしたが、PH体験版ではキャラカスタム画面でハニースタジオと同じように目や口の表情をいじることができ、さらに「00:無表情」「02:笑顔」といった名前がついています。
さらに目と口をセットにした「無表情」「喜び」「エッチA、B」などのプリセット項目があるので、一発で表情をつけることができるありがたさ。これはぜひ今後も継承してほしいグッドポイントですね。(※プレイクラブのスタジオでも表情に名前がついていたので、初登場のシステムではありません)

・アクセサリの位置調整が進化
キャラカスタム画面でアクセサリの位置調整をするとき、ハニセレではX軸Y軸Z軸ごとに何度もクリックを繰り返して理想の位置に移動させていたんですが、今回はXYZの文字をドラッグするだけで自由に位置調整ができるようになっています!これで何度も何度も苦心してバイザーやら基本図形やらを動かさなくてよくなりますね。まるでスタジオ画面でアイテム位置をいじっているような親切さで、非常にいい改善点だと思いました。

・H画面でキャラカスタムができる
ハニーセレクトでは本編やスタジオで遊んでいる最中に「このキャラの設定をちょっといじりたいな」と感じても、いちいちゲーム画面を終了させてキャラメイク専用画面に移行する必要があり、大きな手間が掛かりました。PHでは「リアルタイムキャラカスタム」と銘打たれた新システムが搭載されており、Hシーン画面でそのままキャラカスタムをすることができます!
 具体的にはHシーン画面の左下にあるボタンを押して男女を指定すると、現在の体位が進行したままで画面右側にカスタムウィンドウが表示され、自由に容姿や服装をいじることができます。
文字で書くとなんでもないように思えますが、これは実に「実用度」が高いシステムなんですね。ここの二画面が直結することで「女優の容姿やコスチュームを上映中にリアルタイムでいじれるアダルトビデオ」みたいなもので、いろんな楽しみ方ができるようになるわけです。セーラー服をスク水に変えてみたり、清楚キャラを金髪+爆乳+ケバ化粧にしてみたり、うちのブログで配布しているようなマニアックな洗脳装置を纏わせてみたり・・・と簡単な操作ですぐ見た目をチェンジできるので、実用面で大変ありがたいシステムと言えます。

・髪型などのプレビュー画面が便利
髪型や服装を操作するとき、これまでは「ぱっつんロング」「シャギーセミショート」といった名称の一覧から選ぶだけでしたが、今回はそれぞれに小さなプレビュー画面がついています。ハニセレでは「この髪型どんなんだったっけ」と思いつつキャラに適用してみて「ああこんなんだったな」と思ってさらに変える・・・みたいな場面が多かったので、ちょっと手間が省けるうれしい新機能と言えそうです。

・キャラデータのコピペも親切設計
既にご存じのように、PHではハニセレやSexyビーチプレミアムリゾートのキャラデータを流用することができます。PHの起動画面にはPH、ハニセレ、プレリゾそれぞれのキャラデータフォルダを一発で開けるボタンが実装されているので、わざわざ該当フォルダを探さなくてもかんたんにデータをコピペすることができました。スタジオNEOのとっつきにくさがどこへ行ったかというほど細かい気配りぶりにびっくりです。

・シームレス姿勢変更は悪くない感じ
プレイ画面の右下にある正方形のコントローラーをいじることでシームレスに体位を操作できる新システム。正方形の中を縦横無尽に動かすことができるので、かなり自由度がアップしたように感じました。ただ、体験版に収録されている3つの体位ではさほど大きな姿勢変更にはならず、やや足を広げたり、少し顔の向きを変えたりといった程度にとどまっていました。せっかくの新システムなので、Hシーンの味付け程度にとどまらず、四角形のはしっこまで持って行ったらかなり姿勢が変わるくらいの大きな自由度があればなあと感じた次第です。

・「Hシーン速度」のさじ加減は今ひとつ?
製品版ではどうなるかわかりませんが、Hシーンの運動速度はゲージをいじるだけで【早い←→遅い】を調節するいつもの感じ。ただ、ここのさじ加減が今ひとつでした。一番下だと超スローすぎますし、一番上だとありえないほどの超スピード。いずれも人間離れした動きになってしまって一気に現実に引き戻されます(笑)まあ自由度が高いのはある意味いいことですし、スクショも取りやすいのでいいんですが、スタジオ機能を排してエロ路線を重視した今作ですから、もうちょっと「人間らしさ」に寄せたピストン速度にして頂けるといいかと思います。

 ちなみにHシーンの音声は個人的にエロくてグッドでした!ハニセレはちょっと「フツーの和姦」感が強くてエロさに欠けたので、これくらいが私にはちょうどよい感じです。

まとめ

全体に、予想していたよりかなりいい感じに仕上がっていたプレイホーム体験版。シェーダーについては好みが分かれそうですが、システム周りはハニセレで好評だった部分をそっくり残しつつ、かゆいところに手が届くアップデートぶりでうれしい限りです。さらに髪型+服装+アクセともにハニセレ&パーティのものを全収録してくれるという大サービス。スタジオ機能についてはいまのところ広報がないので望み薄ですが、今回はエロ特化&原点回帰ということで、ハニセレのヒットをいい感じに次につなげる作品になってくれるといいですね。

せっかくのレビューですが、またも出先で更新しているため、今回はスクショをあまり載せられずごめんなさい。近日中に画像多めにして再掲載します。

プレイホーム
発売日: 2017/10/13
参考価格 9,504円
販売価格 6,795円(29%OFF)
    ※送料無料 (全国一律)
【予約特典】◆OL衣装2着セット
※抽選で10名様にVRディスプレイ「オキュラスリフト」プレゼント!
関連記事

質問失礼します。
某カード配布サイトでプレイホーム用と思われるカードをダウンロードしたのですが、ゲーム画面でロードをしても読み込めません。
また、噂によるとプレイホームのキャラカードをハニーセレクトで読み込めるらしいのですが、これらに関して何かご存知でしょうか?
[ 2017/08/27 14:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する