ページの先頭へ戻る

【Party対応】絶対に入れたいハニーセレクトおすすめMOD(2017/9/20更新)

WS000260_20170920172208db6.jpg 
ハニーセレクトを購入したばかりの初心者向けに「ハニセレ買ったなら一度は試してほしい!」と私が個人的に思う神MODを紹介していく当サイトのメイン記事(他力本願)です。追加ディスク「ハニーセレクト-PARTY-」に対応しているかどうかや導入方法なども含めて、改めて現時点での状況をまとめたいと思います。PARTY対応の有無についてはオレンジ色の文字で記述しているので御参考まで。

ハニセレを始めたばかりの方はこちらの記事もどうぞ。



おすすめMod一覧


Wideslider

WS000248.jpg 
キャラメイク時、デフォルトでは1~100までしか動かせない各スライダーの幅を-100~+200まで広げてくれる限界解除Mod。ロリキャラやアニメキャラなどを再現するため避けては通れないMODで、一度入れると離れられない魔力があります。ただ、入れていない人に自作キャラカードをあげられなくなること、極端な顔立ちにするとまばたきや口パクの表情が崩れてしまうことにご注意。
 導入後は、「HoneySelect_64_WideSliderPatch.exe」や「honeystudio_32_WideSliderPatch.exe」などのパッチファイルを一度起動しないと適用されません。別のModを導入した後にキャラの表示が崩れてしまったときは、もう一度このパッチファイルを実行してみましょう。

 ※ver0.8.0以降はハニセレPARTYに対応しています。過去にWidesliderで作ったキャラはPARTYを初めて起動した時に各数値を+1~+100の範囲に強制コンバートされているため、userdataの中にあるchara_oldフォルダから救出してあげる必要があります。詳しい手順はParty発売後のMODの対応状況まとめを参照のこと。



Illusion Plugin Architecture(IPA)

後述する「SkinTexMod」や「ShortcutHS」といった各種プラグインModを適用するために必要なツール。特に導入の敷居は高くないので、とりあえず入れておきましょう。最新バージョンのインストール方法は以下の通り。

https://github.com/Eusth/IPA/releasesから最新ver.のIPAをダウンロードして解凍(※現在の最新版はIPA_3.3.zip)
②「IPA」「IPA.exe」「Mono.Cecil」の3つが出てくるので、3つとも「HoneySelect」フォルダにコピペ
③いまコピペしてきたIPA.exeの上に、ハニセレの各実行ファイル(HoneySelect_64.exeとかHoneyStudio_64.exeとか)をドラッグ。黒い画面が数秒表示されて、新たにHoneySelect_64.exe (Patch & Launch)というファイルが生成されればIPAの導入は完了です。
④ハニセレフォルダの中に「Plugins」フォルダが新たに生成されています。この中に「SkinTexMod」や「ShortcutHS」といったプラグインのファイルをコピペして、さらにPatch & Launchつきのexeファイルを実行することでプラグインが有効になります。(これを忘れるとプラグインが動作しません)

古いIPAをそのままにしていると、パーティ導入済みの環境では正常にプラグインが動作しません。パーティ導入下でプラグインを使う場合は、必ず最新のIPAとパーティに対応したバージョンのプラグインをそれぞれ用意するようにしてください。



【モザイク消し(無修正化)関係】

SBX2.5c Uncensor【女性キャラ用】

いわゆる藻消しMOD(無修正化MOD)です。適用されるのは女性キャラのみで、男性キャラはそのままです。男性キャラもモザ消ししたい方は、後述する「Male Uncensor from PlayClub」をご使用ください。


HSUncensor2 & SBX2.5c Uncensor for use with Uncensor2 Framework【女性キャラ用】
無修正化した女性キャラの局部を腰アクセサリとして選択できるようにするIPA用MODです。これを女性キャラに装着させておけば、本編やスタジオを利用中に自由にモザイクを脱着することができるという優れもの!導入には最新バージョンのIPA の適用が必要です。
※PARTY発売後、対応した新バージョン(Uncensor2 v0.6.3)がふ○ば過去ログで公開されています。直リンはしませんので、各自検索してみてください。

Male Uncensor from PlayClub【男性キャラ用】

過去の作品「PlayClub」から移植された男性用のモザイク消しMOD。最新版(現在はver.4.1)をダウンロード・解凍の上、ハニセレフォルダにabdataフォルダを上書きすればOKです。デフォルトデータを差し替えるMODなので、事前にバックアップを済ませた上でご利用下さい。以前この記事で紹介していた「SEMIPRO and Mr.X HoneySelect Uncensor」が残念ながらNOT FOUNDになってしまったので、男性キャラの無修正化はこちらのMODで。
※今のところ、PARTY導入環境でも正常に動作している模様です。

FutanariAccessary(※現在入手不可)

WS000247.jpg 
腰アクセサリーに男●器を追加するMOD。男の娘やふたなりキャラを作る場合は導入必須です。キャラの肌色に合わせてちゃんと色も変更できるのがありがたいですね。きちんと装着するには、キャラメイク画面の「調整」タブを使ってある程度大きさや座標をいじる必要があります。
※現在、残念ながら上記のサイトからはDLできなくなっています。男女キャラともに無修正化できた「SEMIPRO and Mr.X HoneySelect Uncensor」も同時にNot Foundです。



ShortcutsHS(ShortcutsHS PARTY

WS000254.jpg 
照明やエフェクトなど、さまざまな要素を自由に操作できるようになる超多機能IPA用プラグイン「ShortcusHS」およびそのPARTY対応版。ハニセレブログ「いつまでもプロトタイプ」管理人様が提供されています。スタジオNEOは旧スタジオでできた背景画像変更機能がなくなっていますが、このプラグインを入れることで再び使えるようになるほか、光源操作の自由度を格段にUPしたり、スペースキー一発で全ての邪魔なポップアップ画面を消せるようにしたり、さまざまな角度からのマルチカメラを追加してくれたり、画面右下にキャラ移動用の操作ガイドを常設できるようにしたりと、非常に多岐にわたる機能が実装されています。

20170920184828773.png 
やや中級者向けのテクニックですが、「オブジェクト操作」というタブから適当なアイテムの「シェーダーの変更」をすることで、PNGやJPGの画像ファイルをアイテムとしてスタジオ内に取り込めたりします。Tシャツのテクスチャを張り替えていろいろな服を作るのが流行したりもしましたね。詳しいやり方は雨宮様のブログにかかれていますので、ご興味のある方はトライしてみてください。

ポスターで遊ぼう - Playclubphotographs
オリジナルTシャツをつくろう - Playclubphotographs

20170920222200280.png 
 
ShortcutsHS PARTYは、必要ファイルを「Plugin」フォルダにコピペした後、ゲーム画面で「N」キーを押すことで起動します。PARTY発売前の「ShortcutsHS」にあった機能(こちらは「B」キーで起動でした)が全て移植されているわけではありませんが、現在進行形でアップデートが重ねられていますので、ブログを要チェックです!

20170415035218396.png 
ちなみに、これ↑はPARTY発売前の「ShortcutsHS」の機能を使ったスクショ。スタジオアイテムとして呼び出した「携帯電話」と「ガラステーブル」をそれぞれカメラとディスプレイにしてしまうというとんでもない機能でした。ちなみに、マップ「ゲームブース」の大型ビジョンに携帯電話からの映像を飛ばすことすらできました。すごすぎ!


HSStudioNEOAddon


WS000369.jpg 
スタジオNEOで旧スタジオデータを読み込めるようにしてくれたり、FKとIKを同時起動できるようにしてくれたりと、各種操作を超絶便利にしてくれるプラグインMOD。追加される機能は下記一覧の通り。特にNEOで移動タブがなくなったことにショックを受けた方は「キャラやアイテムをGキーを押しながらだと平行移動、Hキーを押しながらだと垂直移動させられる」追加機能に感涙するはず!さらに、複数キャラにいちいち同じHアニメの動きをつける面倒さからも開放してくれます(Ctrlを押しながら男女キャラを選択した状態でHアニメを選択でOK)。あまりに便利なポイントが多岐にわたりすぎて紹介しきれないので、ぜひDLしてヘルプファイル(日本語です)を御覧ください。

ちなみにスタジオNEOの「カメラライト」タブには上のスクショのような画面が追加されます。うまく操作すればアニメ調のスクショを撮ることもできるようになりますよ。

- 旧スタジオ・データのインポート (限定) -  v0.1.0
- ショートカット・キーの上書き - v0.2.0 (v0.4.2 update)
- オブジェクト操作アシスト機能 - v0.2.0 (v0.4.0 update)
- 複数キャラアニメ - v0.3.0
- FK&IK同時起動 - v0.3.0 (v0.4.0 update)
- カスタム・ライト (マップおよび全体) - v0.4.0 (v0.5.0 update)
- ワークスペース (オブジェクト・リスト) 操作アシスト - v0.4.0
- キャラクタリスト、衣装リストサポート - v0.5.0
- Advanced IK (IKウェイト調整) -  v0.6.0
- Auto Track (疑似親子設定) -  v0.6.0
- Auto Face/Voice (Hアニメ同期音声/顔設定) -  v0.7.0
- アイテムのライト設定調整 -  v0.7.2

Additional Bone Modifier

20170918202130302.jpg 
キャラのボディや四肢のボーン(骨格)をX~Z軸で拡大縮小することができる骨格調整プラグイン。キャラメイクでいじることのできない部位の大きさを自由に調整できるようになるので、例えば極端な体型のアニメキャラやロリキャラを作れるようになるほか、手足のボーンサイズを0にすれば上のスクショのような四肢がない状態も作り出すことができます。ハニセレはデフォルトの状態でキャラの手のひらがかなり大きめに作られていてちょっとかわいくないので、手の大きさを調整するのに使う方が多いようですね。

 導入方法は例によってIPAのPluginフォルダにぶちこむだけです。使い方は少しむずかしいのですが、このMODを導入した状態でキャラを読み込むと、キャラカードと同じフォルダ(※UserData/chara/female)にテキストファイルが生成されます。これを開くと「6,cf_J_ArmUp01_s_L,False,1,1,1,1」←こういった文字列が大量に並んでいるのですが、それぞれが右上腕や鼻などの骨格を司る文字列になっているのですね。
 「False」というのはボーン調整が作動していない通常状態だぞという意味で、その後ろの「1,1,1,1」は順に「X座標、Y座標、Z座標、ボーンレンジ」を示す絶対値です。「1」であれば100%、0.9なら90%の大きさになります。つまり、この各文字列の「False」を「True」に書き換えて、後ろの数字をいじれば各ボーンを拡大縮小できるというわけ。
 文字列はちょっとわかりづらいですが、「Mune」は胸、「Hand」は手のひら、LとかRは左右を示しているので、いじっているうちになんとなく分かると思います。例えば、左手の大きさを90%に縮小したければ、「-1,cf_J_Hand_L,False,1,1,1,1」「-1,cf_J_Hand_L,True,0.9,0.9,0.9,0.9」にすればOK。こうしてテキストを上書き保存しておくと、常にそのキャラの左手のひらは90%の大きさで表示されます。あまりいじりすぎると男性キャラとHアニメを動かしたときにずれてしまったり、サイズを0にするとFKの回転軸を回しても動かないとかの不具合が起きるので、ほどほどにしておくのがコツかもしれません。
20170611121531278.jpg

スクリーンショット高精細化MOD。通常は1600×900ピクセルで保存されるスクリーンショットを、より高精細に大きなサイズ(3840x2160ピクセル)で保存してくれるようになります。HoneyshotによるスクショはPauseキーで保存されますが、F11キーを押せばこれまで通りのサイズでも保存できるので、用途によって使い分けができるのもポイント。導入には必要ファイルを「Plugin」フォルダにコピペするだけです。詳しくは「Honeyshotで高精細なスクショを撮ろう」をご参照ください。



HSStudioInvisible

通称「召還リング」&「透明リング」。通常10個までしか付けられないはずのアクセサリ枠を30個まで増やせる機能と、キャラクターのボディ部分だけを透明化して衣装とアクセサリだけを表示する機能をそれぞれ導入してくれます。導入には解凍すると出てくる「abdata」と「Plugins」フォルダをそれぞれハニーセレクトのフォルダにコピペした後、最新版のIPAを実行する必要があります。
※ふ○ば過去ログでPARTY対応ver.(4.2)が配布されています。例によって直リンは避けますので検索してみてください。

①召還リング
「手」カテゴリのアクセサリ枠に表示される「Acc summon」を装備することで、そのキャラが「日常セット」「お部屋セット」「お風呂セット」それぞれで着けているアクセサリが全て一挙に表示されます。Acc summonアクセサリを装備しなくても、スタジオでCtrl+Shift+Sキーを同時押しすることでも実行可能。PARTYではアクセサリがさらに充実したので、召還リングを使ってアクセ盛り盛りのメカ娘を作ったり、付け毛盛り盛りでアニメキャラを再現したりすることが可能になりますね!

WS000321.jpg 

②透明化リング(Invisible Ring、Invisible Body Ring
Invisible Ringは透明人間のように、装着したキャラの衣装とアクセだけを空中に浮かべられるアクセサリ。こちらはCtrl+Shift+A同時押しでも実行可能です。スタジオで「脱いだ服」を用意したいとか、帽子だけを表示したい、といった場合に効果を発揮してくれるでしょう。例えば脱いだセーラー服を地面に起きたい場合、そのままでは空中に浮かんでしまうので、拡縮機能を使ってぺたんこに潰せばOKです。Invisible Body Ringはボディだけが消えて、衣装と頭部分だけが表示されるリングです。

WS000320.jpg WS000322.jpg 
③ボテ体型 腰裏 補正リング (Hip back fix Ring)
最後の一つはボテ腹体型キャラメイクをしたとき用の補助リング。Wide Slider を使用して「腰上奥」のスライダーを限界突破させた際に、腰の裏の形状が不自然になるのを修正してくれます。私は使ったことがありませんが、マニアの方はぜひw



ShortcutsPlugin

上記「ShortcutHS」と似た名前ですが別物で、こちらは本編やスタジオでのショートカットキーを増やすIPA用プラグイン。マウスを使わずキーボードだけで体位などを変えられる上、男性視点の主観カメラや自動回転カメラが追加されるのも嬉しいですね。一度起動すると「UserData」フォルダの中に「modprefs.ini」というファイルが追加されるので、これを書き換えることでショートカットキーを自由に切り替えることができます。主なキー設定は以下の通り。

「S」プラグインの有効無効を切り替える
「SHIFT + G」すべてのショートカット設定をリセット
「N」メインメニューを表示
「6」男性の頭のオン/オフを切り替える(※主観でフェラを見たいときなどに便利)
「キーパッドの+」複数回押すことでアニメーションの速度を上げる
「キーパッドのー」複数回押すことでアニメーションの速度を低下させる
「F5」目や眉のモーフィングを変更
「F6」目の開き具合を変更 
「F7」口のモーフィングを変更
「F8」口の開き具合を変更
「F9」次の体位に移行
「F10」前の体位に移行
「J」スローモーション
「O」簡単な主観カメラ(男性キャラの視線からのもの)
「P」高度な主観カメラ(男性キャラの頭部の動きに追従)
「B」別のアニメーションパターンに変更
「L」位置をランダム化
「I」ランダムプレイ(体位やスピードがランダムに変更される)
「T」ターゲットの周りにカメラを回転させる。メニューから座標を詳しく変更可能
「M」女性を絶頂させる
「Z」女性に排尿させる
※Ver.1.4からハニセレPARTYに対応しています。



SkinTexMod

WS000249.jpg

ハニーセレクトを起動したまま顔や体のスキン(肌)テクスチャをいじることができるIPA用プラグイン。既存の肌テクスチャの上に自分で作ったタトゥーや落書き、ボディースーツを書き加えたり、肌の質感自体を変える(汗だくで光る肌など)ことが可能です。詳しくは「SkinTexMod導入」「SkinTexModでタトゥーを作ろう」を参照のこと。

うちのブログでも上のスクショのようなスキンを配布しておりますので、ご興味のある方はぜひダウンロードしてみてくださいね。
※ハニセレPARTYの導入後、「キャラメイク画面で起動できない」「1人分のスキンしか操作できない」といった不具合が発生していましたが、5/9にバグ修正版「ver.2.1B」が公開されました。



ストレートエクステ&カーブエクステ

WS000250.jpg 
 通称エクステMod。リンク先「ゲームでエロ画像作ろ」管理人様が提供されている神(髪)Mod。アクセサリにいろいろな種類のエクステを追加する。特に既存キャラの再現をする際、デフォルトの髪型だけではどうしても限界があるので、このModを使えばかなり自由度を増すことができます。
 こちらのサイトでは下記「キャラクリエイト用基本図形アクセサリ」などほかにも素晴らしいMODやキャラカードがたくさんUPされている上、非常に分かりやすいModの導入や作成のHowto記事も掲載されているので、ハニーセレクターは必見です。余談ですが、PARTYではこのエクステMODと基本図形アクセサリを意識したとしか思えない追加アクセサリが収録されていて、発表時はビックリしました。
 なお、こちらのサイトではスパイクエクステ&カールエクステという別バージョンのエクステMODも配布されており、こちらはクラウドや悟空のようなツンツンヘアーも再現できるエクステとなっています。要チェック!
※アクセサリや衣装を追加するMODは、PARTY導入の有無にかかわらず問題なく動作する模様です。ご安心を。



キャラクリエイト用基本図形アクセサリ

WS000068_20170414230516624.jpg 
 こちらも「ゲームでエロ画像作ろ」管理人様が提供してくださっている神Mod。立方体や球など、さまざまな立体の色変更可能アクセサリを追加してくれるこのModを組み合わせて使うことにより、新たにModを作らなくてもハニセレ上でさまざまな物体を創出できるようになります。図形の座標をいじれば立体だけでなく平面図形も作れるところがポイント。↑の画像のポケモンキャップはこのModの「球」「半球」などを組み合わせて作りました。
 ハニーセレクトパーティでは同様の基本図形アクセサリが収録されましたが、圧倒的にこちらのMODの方が種類が豊富です。ちなみに導入後は「顔」アクセサリのカテゴリに追加されます。



HiR_NEO

旧ハニースタジオでは、スタジオアイテムMODを追加する際に「HiR」(HoneyselectItemResolver)というソフトを実行する必要がありましたが、こちらはそのHiRのスタジオNEO対応版。スタジオアイテムModをハニセレフォルダにコピペ後、HiRを使えば旧スタジオ、HiR_Neoを使えばスタジオNeoで使えるようになる、という認識で大丈夫みたいです(順番関係なし)。ダウンロードはpH板のハニーセレクト プラグイン・ツール等最新まとめから。

 ※旧HiRは「SB3Utility GUI」というillusionゲームの改造ツールが必要でしたが、こちらはDLして「Start!」を押すだけで実行できます。「スタジオアイテムMODをハニセレフォルダにコピペ」→「HiR_NEOを実行」でOK。製作して下さった雨宮さん、本当にありがとうございます!



精液・舌関係MOD

20170920234607756.png 

舌その他・スタジオ【NEO】(v.7.1.7z)

「レベル1」様製作のスタジオアイテムMOD群。ベロや液体、ハートマークや怒りマーク、触手やガラスやホイッスルなど、素晴らしいスタジオアイテムを大量に追加してくれます。↑のスクショの♥マークや長~い舌はこちらのMODで作ることができました。どれもこれも大変素晴らしいアイテムばかりなのですが、特に舌MODはさまざまな表情を付けられるので大変重宝しております!

DLはPH板の「配布物スレッド2」の投稿#106から。
①abdataをコピペした後、適用する際にHiR_Neo_1.1.0以降を使用する(それ以前のバージョンでは適用不可)
②その際、必ず「category advance」の項目にチェックを入れてから「Start!」を押す
…の2点を守らないと正しく表示されません。ご注意を。

Custom Juice Textures for SBX2.5e

精液増量MOD。本編やスタジオでぶっかけ状態になったときの精液量をデフォルトより増やしてくれます。上のスクショはこちらのMODとSkinTexMod用のBukkakeテクスチャのあわせ技で全身ドロドロにしている感じですね。ダウンロードはリンク先のやや下にスクロールしたところから。同じサイトでDLできるSBX2.5eで無修正化していれば、abdata上書きで問題なく動作するはずです。

ぶっかけスキン(MODてんこ盛りセット収録)

SkintexMod用の全身ぶっかけスキンテクスチャ。SkintexModの該当フォルダ内にコピペして「J」キーで読み込めば、↑スクショのように全身ドロドロにすることができます。
私はリンク先の海外サイト(4chan)からDLしたのですが、有害ポップアップ広告が出るのできちんと対策をしてから踏んで下さい。【9/26修正】コメントにて「上記リンク先は無断転載されたものでは」とのご指摘を頂き、正しい配布元にアドレスを修正しました。確認が不十分で失礼しました。

New liquid items for Honey Studio

様々な種類の液体スタジオアイテムを追加してくれるMOD。液溜まりタイプや噴出タイプなどバリエーションがあり、さらに液体の色の「濃」と「薄」が選べるので大変重宝します。さらに色も自由に設定可能で、エロにもエロ以外にも非常に使いみちの広いスタジオアイテムとなっています!



WaterSurfaceTK様作成・pH板にて配布)

20170416041139386.png

水面を表現したスタジオアイテムMod。見ての通り、マップのどこにでも水面を作ってくれます(拡縮可能)。静止画のスクショだと分かりませんが、ゆらめきが素晴らしくキレイです。エロ系よりもアーティスティック系のスクショを撮る方向き。
※スタジオアイテムMODの追加には「HiR」または「HiR_NEO」を使用する必要があります。



電車アイテム(TK様作成・pH板にて配布)

20170416042856563.png 電車をそのまま再現したスタジオアイテムMod。中吊り広告から吊革から実に細部までよくできています。いくらでもエロい応用が思いつく、想像力を膨らませてくれるModですね。

※スタジオアイテムMODの追加には「HiR」または「HiR_NEO」を使用する必要があります。




ALOS HAIR V5.0

WS000255.jpg


ハニセレブログ「ハニーセレクト HoneySelect プレイ日記」にて配布くださっている髪型Mod。「GANTZのレイカっぽいロングヘアー」「耳だしショート」など、4/16現在で7種類の女性キャラ用髪型を追加してくれます(画面上ではALOS HAIR 01~05と表示されます)。髪の毛のテクスチャのツヤ感が素晴らしく、間違いなくキャラメイクの幅を広げてくれるでしょう。




小字亭さま配布Mod群

20170416044553166.png リンク先「ハニーセレクト(Honey Select)のエチーなブログ」にて、上記スクショの「公衆便所」をはじめとした、どこか後ろ暗いエロスを感じさせる素晴らしいスタジオアイテムModを多数配布してくださっています。4/16現在で下記のような豪華なラインナップ。かゆいところに手がとどく絶妙なチョイスに言葉もありません。
・地下道
・コンクリ地下室
・ドッグセット
・歩道橋
・グローリーホール
・現代の牢屋
・公衆便所
・自動販売機
・公園
・路地2
・廃アパート
・地下鉄駅
・ホームレスセット
・裏路地セット



4K diffuse initial pack

スキンテクスチャの高精細化MOD。あるのとないのとでは感動度が段違いな素晴らしいMODなのですが、現在公開されている最新バージョン「Final version」をPARTY導入後の環境でそのまま導入しても正常に動作しません。
この状況を回避するため「(170428DLC)HoneySelect Graphic Patch ver.170503(test version)」というパッチがASで公開されており、こちらを先に導入した後「Final version」のTextureフォルダをハニセレフォルダにコピペすると導入できる…とのことなのですが、これでも画面全体の色味が白っぽくなってしまうとの報告があります。これも更に対処法があるようですが、4Kスキン関係は自分のように知識がない者が手を出すとトラブルが発生したときに対処しきれないので、test ver.ではなく正式バージョンが今後アップデートされることを祈りつつ実はスルーしております。

MOD初心者向けのこの記事に掲載するのは少し時期尚早なのですが、「絶対に入れたい神MODと言えばコレ!」とも言うべき素晴らしいMODですし、全国20万人のハニセレユーザー(適当)がパーティ対応の状況を注視していると思われるので、あえて現状を書いておきました。いずれ(私のような)初心者でも簡単に導入できてトラブルも起きないような状況になれば、また更新したいと思います。



【コラム】自分でMODを探すには?


この記事では私が個人的によく使用しているMODを紹介しましたが、もちろんこの世にある全てのMODを入れたことがあるわけではありませんので、ここに掲載されていない神MODもたくさんあります。とりわけ衣装・アクセサリ・アイテム追加系のMODは素晴らしいものが沢山ありすぎて紹介しきれませんし、MODで何を実現したいかも人によって違うので、ごく一部だけを紹介してあります。ご興味があれば、ぜひいろいろなサイトで探してみてください。

ハニーセレクトのModは主に「pH板(playclub&HoneySelect画像掲示板)」「ふ○ば」「H○ngFire」「Anim○Shar○ng」といった国内外のサイトで公開&アップデートされています。ブログなどをお持ちのMOD職人様は自分のサイトで公開しているケースも多いので、当サイトトップメニューの「ハニセレ関連サイト」からチェックしてみてください。

【※この記事は随時更新します】
関連記事

いつもわかりやすいまとめ、ありがとうございます(^^)/

ただ、ALOS HAIRはV6.0が出ていたかと(^^;
[ 2017/05/10 21:15 ] [ 編集 ]

おっとそれは気づいていませんでした!時間でき次第差し替えておきますね。情報ありがとうございます!
[ 2017/05/11 10:41 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/06/14 00:44 ] [ 編集 ]

Re: こんばんは

プラグイン系のmodの導入方法はたいてい同じで、IPAを導入するとハニセレフォルダにできる「plugins」というフォルダに解凍したmodファイルをコピペするだけです。書き換えのことはまず一度忘れて、この手順をやってからハニセレを起動してみてください。起動後にNキーを押してメニューが出れば成功です。
[ 2017/06/14 01:46 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/06/17 16:35 ] [ 編集 ]

ハニセレパーティを購入してmod探しをしていたところでこちらにたどり着いた者です。
SBX2.5c Uncensorを導入しましたが、正しく表示されるキャラとダメなキャラが出てしまいます。
この様な不具合ってなにか原因があるのでしょうか

[ 2017/07/19 16:37 ] [ 編集 ]

ほぼMODと無関係で申し訳ありませんが

「WaterSurface」紹介文中に使用されているスクショのキャラは配布されていますでしょうか?

ちなみに、「ShortcutsPlugin」の「O」と「P」は逆ではないかと思われます。
些細な点ですが念のため報告しておきますw
[ 2017/07/21 17:28 ] [ 編集 ]

このブログ上部の「データ配布」のメニューから行ける「キャラカード配布」というページで配布していたと思います。過去作「勇者敗北」のヒロインです。

shortcutpluginの件ご指摘ありがとうございます、アプデで変わってしまったのかもしれませんが、おそらく私の単純ミスと思われます笑
[ 2017/07/21 17:48 ] [ 編集 ]

完全に見落としていました(笑)

ありがとうございます!
[ 2017/07/21 18:14 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/07/26 20:33 ] [ 編集 ]

SBX2.5c Uncensorを入れてみても反映されません……私はどうすれば良いんでしょう?
[ 2017/08/18 21:58 ] [ 編集 ]

初心者です。質問なのですが、MOD導入後にキャラを公式にアップロードしてはいけないと聞いたことがありましたが、スタジオNEOのシーンも同様ですか? また、公式ホームページにアップロードするのはダメでも、シーンのダウンロードはしてもいいのでしょうか?
[ 2017/09/06 17:38 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

版権キャラを再現したキャラカードやmodを適用して作ったキャラカード、シーンデータなどを公式掲示板にアップすると当然削除されますし、次から投稿ができなくなりますよ。版権キャラの配布を容認すればは著作権者からイリュが訴えられる可能性がありますから。

ダウンロードに関しては当然ですが制約はありません。
[ 2017/09/08 10:00 ] [ 編集 ]

Widesliderを入れたものの、パッチファイルを起動させようとしてもエラーが発生します。
[ 2017/09/18 20:58 ] [ 編集 ]

Bukkake Skinの件

記事で紹介しているBukkake Skinは海外に多い無断転載ではないでしょうか?
原型はレスタトさんという日本人のMODで、個人blogで正式に配布しています。
正式名称は「MODてんこ盛りセット」で、その中に入っています。
[ 2017/09/21 12:01 ] [ 編集 ]

Re: Bukkake Skinの件

そうでしたか、確認が足りず失礼しました。あとで差し替えておきます。

> 記事で紹介しているBukkake Skinは海外に多い無断転載ではないでしょうか?
> 原型はレスタトさんという日本人のMODで、個人blogで正式に配布しています。
> 正式名称は「MODてんこ盛りセット」で、その中に入っています。
[ 2017/09/21 13:37 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/09/27 00:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する