【4/30追記】追加ディスク「ハニーセレクトパーティ」発売記念レビュー(後編・スタジオNEO)

さて、午前2時を回ってしまいましたが発売記念レビューの後編、スタジオNEOの内容を紹介していきたいと思います。実に慣れるまで時間がかかったんですが、できることが非常に増えている反面、残念ながらキャラのモーション・位置操作のインターフェイスだけはもしかすると旧スタジオより悪化している可能性があります。注意して見ていきましょう。

WS000302.jpg 



NEOで新しくできるようになったこと(おさらい編)

これまでもこのブログで紹介していた通りの機能が新装されています。

・自由な位置にライトを追加可能(色や強さ、向きなど詳細設定可)
NEOでは画面左の「add」というタブからキャラクター、マップ、アイテム、ライトを追加する形になっています。プラグインMOD「ShortcutHS」で出来ていたような追加ライト機能ですね。全体光(ALL)やポイントライト(キャラのみ)など細かい種類を選んだり、位置や光の強さなどを細かく調整したりすることができます。

・グラビア等さまざまなポーズやダンスが選択可能に
これはかなり種類が豊富で驚きました。全く動かない「ポーズ」は普段の「キャラメイク」のほかに「グラビア」「汎用」というカテゴリが追加されており、それぞれ10種類以上のポーズが用意されています。人間らしく動くモーションの方は「汎用」と「キャラ」いうカテゴリに分かれており、まず「汎用」では「立ち」「座り」「寝」「アクション」「ダンス」といった種類ごとに大量のモーションが用意されています。バレーを遊ぶアクションモーションだけでも4種類あったり、「ビラ配り」や「行き倒れ」というユニークなモーションがあったりと、非常にバラエティに富んでいます。
ダンスは「キュート」「クール」「ポール(2種)」「セクシー(3種)」「ダンス(8種)」が収録されていました。
「キャラ」のカテゴリでは、これまでもあった性格ごとのモーションに加え、過去のillusion作品のキャラクターをイメージしたモーションも多数用意されています。

WS000300.jpg 

・Hモーションに「追加」が
これまでもあったHモーションに「H追加①」というタブが加えられており、「ソープH」や「分娩台」といった本編にないHモーションが選べるようになっています。なぜ「①」なのかは謎。

・登録アイテムは600種類に増加。中にはアニメーションする「ギミックアイテム」も(ピストンバイブなど)
非常に多くのスタジオアイテムが収録されています。キャラメイクのアクセサリもスタジオアイテムとして収録してあるので、例えば帽子を取ってテーブルの上においているようなシーンも撮影することができます。話題になっていた「3DSE」もアイテム扱い。「ピストン音(早い)」や「喘ぎ声(活発)」といったSEが多数用意されており、呼び出すと画面上にアイテムとして配置されます。「3D」というだけあり、配置された場所にカメラが近づけば大きく、離れれば小さく聞こえる仕組みです。エロい…!

・外部音声取り込み機能の新装(!)
これは半分当たり、半分ハズレでした。マニュアルをそのまま引用すると、「audioフォルダ内にあるwav形式のファイルをゲーム内で再生することができます。BGMと同時には再生できません。使用できるwav形式のファイルは8bitと16bitのみのものとなります」とのこと。wav形式のファイルをBGMとして流すことができるということですね。「エロ同人音声をハニセレキャラに喋らせられるのでは?」という妄想をしてましたが、できないことはない…のか?ただ、口パクは合わないでしょうね。

・キャラとアイテム、またはアイテム同士の親子付機能
これはそのまんま。プラグインMODで実現化していたものをそのまま収録した感じです。操作方法が分かりにくいですが、画面右の一覧で親子付したいもの同士をCTRL+クリックで選び、「parent」ボタンを押せばOKです。ちょっと話がそれますが、インターフェイスボタンを全部英語にしたのは、海外ユーザーを睨んでいるからでしょうね。

・アンドゥ・リドゥ(操作の取り消し、やり直し機能)
これはこれまでなかったのが不思議なくらいありがたい新機能。画面左下のボタンでいつでも操作を取り消せます。

・FK機能の追加(体だけでなく、髪やスカートの位置、指一本一本もIKorFKで微調整可能に)
プレイクラブでもあったので特段驚きはありませんね。インターフェイスがあまり親切ではないので、慣れるまでかなり時間がかかりそうです。

・関節補正
今のところまだお世話になっていませんが、「anim」タブから「関節補正」を選ぶことで折り曲げた関節が不自然な形状になるのを自動補正する機能が新装されています。これもMODで既にありましたね。

・登録できるカメラ位置が10カ所に増加
そのまんまです。私は全くカメラ位置機能を使わないので、あまりありがたみはありません。


NEOで新しくできるようになったこと(新発見編)
これまで公式サイトで触れられていなかった新発見部分もいくつかあったので紹介したいと思います。

・カメラ位置ロック機能
画面左下のボタンでカメラ位置をロックすることができます。せっかく決めたカメラ位置を誤操作で回転させてしまうのを防ぐ機能ですね。

・マップの一部追加
新たに導入された「肉壁」などのマップ以外にも、「シャワールーム前」や「女の子部屋前」といった、本編で一瞬登場するマップを選ぶことができるようになっています。


NEOでできないこと、できなくなったこと(怒りと悲しみ編)

そして、ハニセレユーザーが「当然できるに決まってるよね?」と思っていた旧スタジオでできたことが一部できなくなっています。残念ながら、その点にも触れなくてはなりません。

・キャラメイク画面に直接飛べない
これは正確には「旧スタジオでもできなかったこと」なのですが、今回もスタジオとキャラメイク画面は完全にセパレートされており、キャラを作りたくなった場合は一度スタジオを終了して本編を起動する必要があります。プレイクラブのスタジオではできたのに…。

・マップ自体の移動・回転ができない【4/30追記】
これも困りました。以前はマップ自体をコントローラーで操作することができたので、例えば10人キャラを呼び出したときに全員空中に浮いてしまっていても、マップの方を垂直移動させれば簡単に接地できたんですが…。

・ギミックアイテムにキャラを親子付できない【4/30追記】
今回から回転したりピストン移動したりするギミックアイテムが新装されているのですが、残念ながらこれに親子付して動かせるのはスタジオアイテムのみで、キャラクターを親子付することはできません。手のパーツだけをピストン移動ギミックと連動させて、手コキをしてるような動きをつけたりできるのを予想してたんですが…

・キャラやアイテムの配置が面倒になった
旧スタジオにあった「移動」タブがなくなり、XYZ座標を示す3色の矢印で移動させるシステムに変更されました。これが最悪です。例えば新たにアイテム「上履き」を呼び出したとします。画面外の遠くの初期位置に追加されるので、探しにいきます。以前は「移動」タブから並行移動のボタンを押しながらざっと横位置を決め、垂直移動のボタンを押しながら上下を決めるという2動作で座標を動かせましたが、今回はなんとそれが3分割されています。X座標を選んでY座標を選んでZ座標を選ぶのです。まるで右行って奥行って下がるUFOキャッチャー!シンジラレナーイ。

一応回避方法としては、
(1)オブジェクト追加位置を初期位置→注視点に変更しておく
(2)三色の矢印でなくボックス部分をドラッグしてだいたいの場所に移動させる
(3)「F」キーで注視点をその人物やアイテムに移動させて、さらに三色矢印で微調整する
…という方法が一番手っ取り早いみたいですが、なんともはや。「もう文句言わないから移動タブを復活させてくれ!」としか言えません。

・キャラ回転・拡縮が手動のみに。45度、90度と一律に変えられない【4/30追記】
こちらも地味に不便。前は移動タブに「-45」から「+45」までのボタンがあり、一発で45度刻みの回転を付けられたんですが、今回はオミットされています。手動で回転させなくてはなりません。拡縮も「+1」「+10」などのボタンがないので、手で付けるしかない模様。複数のアイテムを同サイズに拡縮するとき困りそう…。「初期化」ボタンもありませんよ、ええ。

・「注視点にオブジェクトを移動」ができない【4/30追記】
これが本当に面倒。注視点にオブジェクト(キャラやアイテム)を呼び出すことはできるんですが。

もう文句言わないから移動タブを復活させてくれ!(血涙)


・首の操作が超面倒に!
キャラの表情付けで最も重要な「首」。旧スタジオでは視線の向きと同じように「こっち」「そらす」「正面」「アニメ」「固定」の他に、「操作」というタブがあり、自由に操作することができましたが、なぜか今回は「操作」だけがなくなっています。そのため、例えばHモーション中の女の子の首を動かす場合には「カメラを向く」にしてからちょうどいい角度で「固定」するか、Hモーションをわざわざ静止させて「FK」を選び、例の評判の悪いリング操作をして首の向きを決め、さらにHモーションを戻さないといけません。デフォルト状態からちょっと首をかしげさせるだけの微調整にどれだけ時間がかかることでしょうか。ILLUSIONに怒りの電話をしなくては…

・男女のHモーション同期が天文学的な面倒くささに!
これも本当に驚きです。旧スタジオでは女性キャラと男性キャラをそれぞれ選ぶタブがあり、Hモーションを選択すると2人とも同時にその動きを始めましたし、別のHモーションを選べばすぐに対応されました。スタジオNEOではそれができません。じゃあどうやってやるかって?マニュアルによればこうです。

(1)キャラの読み込み、キャラ操作で男女それぞれの「アニメ」に「H挿入」→「正常位」→「ピストン弱」を選択します。 
(2)女キャラをメインに選択して位置情報コピーで男女の位置を合わせます。 
(3)そのままではタイミングがずれているので、アニメの同期をさせるため男女のキャラを複数選択し、アニメコントローラーの「Re」を選択します。
(4)腰の高さや掴む位置が合わない場合、男のアニメコントローラー「補助1or補助2」で合わせます

びっくりですよね?コレの何が面倒かって、「H挿入」→「正常位」→「ピストン弱」を女の子に動かせた後、「H挿入」→「正常位」→「ピストン弱」を男で選ぶのがまず超絶面倒なんですが、それを「ピストン強」に変えたいとなったらまたイチからやり直しなんですよ!!シンジラレナーイ!

しかも、Hモーションのスピードを女性だけ早くしても当然男性には反映されず、コピペすらもできません。いちいち数値を覚えて、男女全く同じ数値にして、アニメコントローラーの「Re」を押して同期させるんですか…?

・背景画像の読み込みが不可能に…?
まさかillusionさんもそんな馬鹿な真似はしていないと信じたいのですが、旧スタジオでできたpng画像を背景として読み込むという機能が午前2時52分現在見つけられていません。まさか旧スタジオでできたのに今回はオミットされた…わけはないですよね?ないと信じたい。いやあるはずだ。うん。
 
20170429025704434.png 
ちーん。


そんなわけで、午前3時を回りましたので初日のレビューはここまでにしたいと思います。「できないこと」の部分を何らかの方法で回避できることを発見した方は、ぜひお知らせ頂けると幸です。もはやMODに期待するしかないのだろうか…

【4/30神降臨】shortcutsHS partyで背景画像の読み込み、さらにRGBの調整までできるようになりました…スゥー(成仏)
関連記事

[ 2017/04/30 10:00 ] ハニーセレクト | TB(-) | CM(2)

レビューありがとうございます

初めまして こっそりいつも拝見 勉強させていただいてます。パーティー・・こちら田舎なので発売日には届かず明日届く予定です(^0^;)
レビュー拝見しました・・個人的にですが 新しく出来ることでは FK以外は(IK操作なじめません(^0^;)MODでほとんど対応できている気が・・(制作者の皆様に感謝しておりますm(__)m
なにより 出来ないこと!すべて出来て欲しい・・出来なきゃいけないことですよね(゜Д゜)
特にキャラのモーション・位置操作のインターフェイス系のひどさは・・インストールやめようかとか思っちゃうレベルですね。
貴重なレビューありがとうございましたm(__)m 
突然初めましてで長々とスイマセンでした
これからも こっそり拝見勉強させていただきます
[ 2017/04/29 10:38 ] [ 編集 ]

賢木イオ

はじめまして、コメントありがとうございます!٩( 'ω' )و
いやはや信じられない事態に放心状態です。なぜできるようになったことよりできなくなったことの方が多いんでしょうか?ボタンも全部英語にしていて使いづらいことこの上ないですし…

とりあえず新しい服データだけを頂戴して、新しいポーズも全てIK保存しておいて、旧スタジオに帰ろうかと画策してるくらいです(笑)
[ 2017/04/30 15:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する