【パーティ間近】トラブルに強いハニセレ環境を作る



いよいよ発売が明後日に迫ったハニーセレクトパーティ。衣装やマップ、モーションなどの追加とともに、スタジオは現行のものと互換性のない新システム「NEO」に変わるため、現在流通しているMODがそのまま使用できない事態が予想されます。MOD製作者様たちが追加ディスクに対応したバージョンアップをしてくださるまで待つしかないのですが、今回は追加ディスクのお迎えを機に現状データのバックアップと再インストールを実施してみたので、記録を兼ねて記事にしてみます。

※現行データをアンインストールする際は、データのバックアップミスがないようご注意下さい。
 



ハニセレのMODは日々職人さんたちの手によってバージョンアップされており、逐一最新版を入れていないと、追加ディスクや新たなパッチの公開など公式なアップデートがあった場合にトラブルが起きる可能性があります。私もだましだましやっていたのですが、いつの間にかキャラメイクの際「ホクロ」や「タトゥー」が正しく表示されない不具合が起きていました。MOD導入によって一度トラブルが起きてしまうと、現状復帰が面倒なのは皆様おわかりのことと思います。
さて、このままの状態で追加ディスクを導入してしまうとどんなトラブルが起きるかわからないので、今回は1からハニセレ環境を再構築することにしました。まずは大事なキャラカードなどの現状データをしっかりバックアップしつつ、ハニーセレクトを再インストールし、さらに「バニラ(初期状態)環境のハニーセレクトフォルダ」「modを導入したハニーセレクトフォルダ」「modフォルダ」の3つをそれぞれ作ることで、トラブルに強いハニセレ環境を作っていこうと思います。 

 (1)データをバックアップしよう
まず確実に残しておきたいのは、何よりも「userdata」フォルダ。スタジオ背景、キャプチャ、カードフレーム、男女キャラのカードデータ、IKポーズ、衣装、本編・スタジオそれぞれのセーブデータなどが格納されているフォルダです。時間を掛けて作ったキャラカードやネットで頂いたスタジオデータ、撮りためたスクショなどがトラブルで消えてしまうと泣くに泣けないので、最低限ここだけは外付けハードディスクなどにコピーしておきましょう。現行のスタジオデータは「パーティ」と互換性がないそうですが、IKデータの保存→読み込みなどの方法で流用ができるかもしれない(要検証)ので、しっかりバックアップを取っておきましょう。

ただ、userdataフォルダ以外は重要ではないかというとそうではありません。例えば今から再入手ができない衣装MODを導入されている方や、skintexmod用のスキンデータを自作した方は、それぞれバックアップを取っておかないとアンインストールの際に消えてしまいます。また。予約特典などの衣装データ(アイドル衣装やセクシーマジシャン衣装など)のインストーラーを保管していなかった場合も再導入ができなくなる可能性がありますので、ハードディスク容量に余裕のある方は「userdata」のフォルダだけでなく「honeyselect」フォルダ全体を別の場所にバックアップしておくことを強くおすすめします。

 (2)クリーンインストールとパッチ当て
 バックアップが済んだら、Cドライブ下のillusionフォルダにあるデータを一度削除した上で、ハニーセレクトをディスクから再インストールします。活発パックを購入した方は続いて活発パックもインストールし、続いて、illusion公式サイトから最新パッチをDLして適用します。活発パックをインストールした場合は「差分」、していない場合は「全部入り」を選べばOKです。予約特典の衣装カードなどをお持ちの方は、ついでに専用サイトからDLして導入しておきましょう。

 (3)userdata上書きと起動チェック
 パッチ当てが済んだら、まっさらな状態のハニセレフォルダにバックアップしておいた「userdata」フォルダを上書きします。この際「同じ名前のファイルがある」と警告が出ますが、とりあえずスキップしておいて大丈夫なはず。

全てが整ったら、一度本編を起動してみます。modてんこ盛りの環境と比べると、スッキリしたフォルダ構成でちょっとびっくりですね。キャラメイク画面でキャラカードや追加衣装が問題なく表示されるか確認してみてください。
※まだワイドスライダーが入っていないので、限界突破キャラのカードを読み込むのはやめておきましょう!

 (4)バニラ状態のバックアップ
 多くの方はCドライブ下のillusionフォルダにハニーセレクトをインストールしていると思われますが、MODを導入していく前に、このバニラ状態(初期状態)でキャラカードなどが揃っているハニーセレクトフォルダを別の場所にバックアップしておくことをおすすめします。Cドライブの別の場所でも構いませんが、できれば外付けハードディスクかBlu-rayディスクに保存しておくのがベターですね。こうしておくことで、例えば「パーティを導入したら起動しなくなった」とか、「PCがクラッシュしてデータがお釈迦様に…」という非常事態の時にも、コピペ一発で初期状態に戻せるようになります。

 (5)MODの導入…ちょっとその前に
さて、パーティ発売が待ちきれない方はいよいよMODの再導入を進めていきます。私の場合は「絶対に入れたいハニーセレクトおすすめMOD」で紹介したものが中心なのですが、それぞれ最新のバージョンをあらためてチェックした上で入れ直していきます。この際、デスクトップなどに「ハニーセレクトMOD」などの名前のフォルダを作っておき、圧縮ファイルと解凍したフォルダを両方放り込んでおくとのちのち便利です。こうしておくことで、MODを入れ直す必要があるときも楽になりますし、自分が以前入れたMODがいつの段階の最新バージョンだったかすぐに見分けることができます。

ただ、慎重派の方はMOD導入はとりあえず見合わせたほうがいいでしょう。少なくともワイドスライダー、IPA、無修正化MOD、4kスキンあたりの有名MODはパーティとの互換性がどうだったか発売後すぐに判明するでしょうし、問題があった場合もそう遠からずそれぞれ新バージョンが公開されると思われます。恐らく衣装系の追加MODは大丈夫だと思われますが、4kスキンやスタジオアイテムについては何らかの対応を迫られるでしょうし、各種プラグインを動かすIPAやワイドスライダーすら対応できないとなるとさらに面倒なことになってしまいます。とりあえずはバニラ状態でパーティを導入してみて、各種MODについては某掲示板やハニセレブログの反応を見て慎重に導入していくのがベターと思われます。 

 (6)おわりに
 私自身、数ヶ月前に外付けハードディスクがお逝きになられて心がお通夜状態になった覚えがありますので、バックアップは本当に大切だと痛感しました。外付けハードディスクは寿命が短いし衝撃にもとても弱いので、できれば光学メディアに保存したほうがベターだと思います。
 ハニセレは確か10GB前後の重さだったと思いますが、パーティも同じくらいの容量とのことなので、全体で恐らく20GBくらい。Blu-rayディスクなら片面一層式で25GBまで記録可能(コストも数百円くらい)なので、パーティ導入後に各種MODを入れて問題なく動くようなら、一度Blu-rayに焼いてしまうのも手かもしれませんね。

長くなりましたが、改めてハニセレパーティまであと少しです。盛り上がっていきましょう〜!
関連記事

[ 2017/04/26 17:34 ] ハニーセレクト | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する