催眠隷女 弁護士アカリ

私がコレクションしている催眠系AVの中でも最も抜いた回数が多いのが、この「催眠隷女 弁護士アカリ」です。催眠をAVでやるのは本当に女優さんの演技が最重要で、ちょっとでも不自然なら一気に興ざめしてしまうんですが、この作品は本当に素晴らしい出来なので皆さまに布教したい次第です。

催眠隷女 弁護士アカリ
美しすぎる弁護士を奴隷調教する快感―依頼人のフリをして近づきプライドをくすぐりながら催眠誘導し、上機嫌でストリップダンスをさせる。隷女催眠を施術後、理性を戻して抵抗させても繰...




この作品のすばらしさは何と言っても「催眠落ち前と後のギャップ」を素晴らしく演出しているところ。星野あかりさんは本当に演技が上手で、特にエロシーンではない弁護士としてのインタビューシーンの受け答えが◎。エリート女性弁護士として、いかにも凜とした態度でインタビューを受けているのに、その後催眠男のマインドコントロールにとろーんと堕ちたが最後、下品すぎるフェラやストリップのオンパレード。最高です!

何度も何度も通常状態にしては「チーーーーン」というベルの音で無情にもエロ奴隷に転落させられ、弄ばれるエリート弁護士。一番最高なのは高級スーツのまま首輪を付けられてエロフェラをさせられているシーンで、突然通常人格に戻されるシーンです。

「えっ…?はっ、いや、その、あたしよくわかんなくて…ヒッ!?(目の前のチンポに気付いてどん引き後ずさり)」

という演技が出色の出来。まったくフィクション臭がしなくて、本当に催眠に掛かっている説得力のある最高の演技でした。最後は高級コールガールと思わされて(もちろんその最中にも元人格に戻してもてあそばれる)、バックでお客さまのチンポにご奉仕をしてしまうんですね。パチュパチュと尻肉を鳴らしながら自らケツを振って奉仕するシーンも素晴らしい出来でした。

最近こちらの催眠AVメーカー「催眠研究所」さんは不調が続いており、イマイチな新作が続いてます。ファンは「催眠」そのものが見たいのではなく「ギャップエロ」が見たいのだ、というところに立ち戻って、「若くて綺麗で演技がとても上手な女優さん」に「凜とした日常と異常な催眠転落生活」をぜひ見せてほしいと思います。往年のファンとしては非常に残念な限りなのですが、今後も応援というか過去作品のおすすめをしていきたいので、ぜひみなさま見てみて下さい。そして僕と語り合って下さい!笑 


【サンプル画像】  










関連記事

[ 2016/12/03 15:00 ] 寝取られ/催眠作品 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する