ページの先頭へ戻る

【第12章】初めての疑念

 


【第12
章】初めての疑念

 

 

「そうか…わかった、よく言いづらいことを話してくれたね。…うん、…うん、加納くんのおかげで彼の不正がどういうたぐいのものか、会社の者より先に摑むことができそうだ。また何か協力してもらうことがあるかもしれないから、またどこかで待ち合わせをしよう。…わかった、また連絡するよ。…あまり気を落とさないでくれ」

 

ピッ。

 

携帯電話の終話キーを押すと、それまで神妙な顔をして「彼女」を労っていた倉田は口を三日月状に歪めて、彼独特の奇妙な笑顔をうかべた。

 


 

――必要なピースが、こうも簡単に揃うとは。

 


 くっ、くっ、く。倉田は大柄な肩を揺すって、子どものように笑った。あのいかにも純朴そうな顔をした咲希の夫が風俗狂いとは、世の中わからないものだ。まあ、履歴に風俗サイトが残っていたくらいじゃあ真偽のほどはわからないが。結局のところ、奴が本当に風俗に通ってたかどうかなんて瑣末なことだ。俺は、俺がつけこむことができる「穴」が、あの二人のあいだにあればそれで十分だ。あの女の化粧っけのないお澄まし顔を、俺好みのド派手なスケベ顔に染めるために。


 
 (薬漬けにして露出好きの変態に調教してやるのもいいな。おれの出張先に同伴させて、バックからハメまくりながら家に居る夫に電話をさせるのもなかなかだ。あのスレンダーな胸にたっぷりシリコンを入れさせて、海外の
AV女優みたいに不自然な改造爆乳に仕上げてやるのも面白い。そうしたら俺の名前を乳首の下に彫らせてやるか。くはは)

 倉田はしばし過激な妄想に浸った。彼の手により女性が人間以下の家畜に堕とされるとき、その末路はまさにこのとき決まっているといってよかった。倉田に狙われた女はいつも、この倉田のきままな妄想のとおりに堕落させられ、改造され、飽きられるまで犯されるのだ。これまでに落してきた女と同じように、咲希が自分のチンポを欲しがってケツを振ることを想像して、倉田はほくそ笑んだ。彼はデスクの上に投げ出していた携帯をおもむろにつかむと、登録されたある番号をコールする。

 

「…ああ、おれだ。久しぶりにいつもの依頼だよ。今から送る男の写真を使ってくれ。…そうだ、いつもの例の仕事だ。つまらないか?フフフ。…ところで、店を指定することはできるのか?…そう、男が入っていく店を今回は指定したいんだ…うん…報酬はいつもの口座に、今回は余計なオプションもあるから倍額入れておく。そのかわり、これまでで一番の迫真の出来を頼む。…察しがいいな、今回の女は特別なんだ。いいさ、飽きたらいつものようにお下がりにしてやるから」

 

にやにやと笑いながら、必要な手続きをひとつひとつ進めていく。さきほど咲希がくれた電話で、工藤翔太をハメる方法は完全に決定した。同時に、工藤咲希自身をみじめな奴隷に堕とす方法も。

 

あとは、タイミングだけだ。

 

倉田は依頼を終えると、携帯を切った。やるべきことはすでに、全て彼の頭の中に完成しているのだった。彼の引く図面には何も支障はない。全てがいつものとおりだった。

 

 

* * *

 

 延々と同じようなバラエティ番組しか流してくれないテレビの電源を切り、咲希はリビングの床にぺたりと座って、じっとうつむいた。時計を見ると、いつのまにか午後7時半を回っていた。もうすぐ夫が帰ってくる時間だ。咲希は翔太と顔を合わせることに今日も憂鬱さを感じて、ふうとため息をついた。
 咲希は倉田が家を訪ねてきたあの日から、夫の顔をまっすぐ見ることができないでいる。なんとか「おかえりなさい」といつもの笑顔を作ってみても、夫の何気ない表情にどこか「嘘」を感じてしまう。咲希は夫との間に、これまでにあったことのない「溝」ができつつあるのを感じていた。

 

  あの日、初めて起動した夫のパソコンの画面に映し出された女性たちの痴態を、咲希は今でも忘れることができずにいた。忘れたくても、聡明な彼女の脳に深く刻み込まれたその記憶は、容易に消すことができなかった。

 

デスクトップにある『インターネットエクスプローラー』のアイコンをクリックすると現れる、何気なく整えられた夫のブックマーク画面。「株価変動」「Yahoo!トラベル」「乗り換え案内」、いかにも健全なサイトばかりならんだその画面の中に、見慣れない「無題」というフォルダがあるのに、あのとき咲希は気づいてしまった。「無題」フォルダの中には、また「無題」フォルダ。その中にはまたフォルダ。まるで開けても開けても箱が入っているプレゼント箱のようだった。夫に隠れて、真っ暗な部屋で光るディスプレイを覗き込んで、カチカチとマウスを操作する咲希。何気なく装われた夫のプレゼント箱の中から最後に現れたのは、咲希が始めて目にする、どぎついアダルト動画サイトと、風俗店のHPの羅列だった。

 


 デリバリーヘルス、ホテルヘルス、会員制高級ヘルス、人妻デリバリー、待ち合せ型風俗、ソープランド、ファッションヘルス、性感マッサージ、イメージクラブ、フェチ・嗜好系風俗、テレホンサービス…

 


 そのどれもに咲希が想像もしたことがないような、卑猥だったり、驚くほどストレートで幼稚だったりする店名がつけられていた。
 翔太さんがわたしを騙して風俗に通っている?…ちがう、そんなわけないじゃない。咲希は脳裏に浮かんだ疑念を打ち消した。


 翔太がわたしを騙して風俗に入れあげるなんて、そんなわけがないのだ。結婚したとき、彼はわたしにこう言ってくれた。


 「ぼくは風俗には絶対に行かない。いろいろな考え方があるけど、ぼくは風俗も浮気に入ると思う。へんな病気を咲希にうつしてしまうかもしれないし…そもそも僕には咲希が居るから、必要ないんだよ」

 その言葉を、咲希はしっかりと信じている。だから、彼の旦那の「お気に入り」だと表示されているどんな猥雑なサイトを目の当たりにしても、咲希はなんとか動揺を抑えることができた。

 

(こんなの、誰かのいたずらに決まってる。そうよ、翔太さんも気づかないうちに同僚の誰かが悪戯したんだわ、きっと…)

 

咲希の握るマウスは、いつのまにかブラウザの「接続履歴」を開こうとしていた。そうとも、夫がこんないやらしいサイトを見ているわけはない。翔太さんのことを落としいれようとする同僚の誰かがこんなにたくさん登録したんだわ。倉田さんがあんなことを言ったのも、きっと会社にいたころ誘いを断ったあたしへの嫌がらせに決まってる。だって、

 

…だって、履歴には何も…

 な、何も…



関連記事

No title

毎日更新すごいです。

毎日楽しませて頂いてます。
[ 2009/11/24 23:05 ] [ 編集 ]

No title

ariさま



ありがとうございます、コメントを頂けることを何より励みにして、頑張って毎日更新しています。



ここ数日なかなか過激なシーンのない更新で申し訳ありません汗 はやく咲希の調教シーンにいきたいこの頃です
[ 2009/11/24 23:10 ] [ 編集 ]

No title

倉田考えている妄想が萌えですね^^

変身する姿が待ち遠しいです。。。
[ 2009/11/25 00:19 ] [ 編集 ]

No title

hiroさま



われわれ寝取り寝取られが好きな人間は、たいていこういうシチュエーションに食指が動きますよね笑 明日もお楽しみに…
[ 2009/11/25 01:42 ] [ 編集 ]

No title

どれくらい更新されているのかとおもってしばらくぶりに恐る恐るPCの前に座ると・・・



まるで夢のようです。自分の妄想が文章になってそのままアップされているみたいで感動すらしています。夫の逆トイレトレーニングにはドキドキしました。男を捨てさせられるところまで、このままどこまでも屈辱をあたえられていってほしいです。

そしてなにより興奮したのは、ドハデ化粧にシリコンたっぷりの改造爆乳&刺青!!!あきらかに不自然な巨大な胸、ありえない胸ってものすごくそそります。ましてそれが清楚だった自分の妻だとしたら。そこに自分のでない名前が刻まれているとしたら。一生を台無しにしてもかまわないとまで思うでしょう。これまでそんな小説は読んだことがなかったので、なんとかイオさまの手でお願いします!



あと、ピアスはお嫌いですか。ラビアピアスに南京錠なんていうのにも激しくそそられます。もしお嫌いでなかったら、頭の片隅にでも。



本当に夢じゃないかと思っています。夢のように消えてしまわないでください。
[ 2009/11/25 11:31 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして。

2chの寝取られマゾ小説スレよりこちらにお邪魔させていただきました。

この作品は一つの話を両側面から見ている形なのですね?

とてもすばらしくて一瞬にして虜になりました。

読むたびに苦しくてどきどきしてオナニーしちゃいます。



すっかり洗脳され倉田の女になってしまった咲希ですが、それがどのように行なわれたのかが非常に興味あります。

私は独身ですが、妻がこのように奪われ寝取った男とともに自分をさげすんでくるというシーンはいつも妄想しちゃいます。

このようなすばらしい作品に出会えてうれしいです。

続きが楽しみです。



寒い季節です。

お体にお気をつけくださいませ。

それではまたコメントさせていただきます。
[ 2009/11/25 12:07 ] [ 編集 ]

No title

cuckoldマニア様



本当にお気に召していたけて幸いです。自分が読みたいのだからきっと需要はあるはずだと思い立って始めたこのブログですが、こうして肯定的なコメントを頂けるとやはりやってみるものだと元気が湧きます。



ピアス、もちろん大好きです! 僕にとって家畜奴隷へのご褒美といえば卑猥な入れ墨か陰部のピアスというほど定番ですね。本当このブログをやっていて、我々マニアの発想というのは似るものなんだなあと痛感いたしました笑 すでに書いた先の展開を、皆様に次々コメントで書かれている気分です。パクってるわけじゃないですよ!



今後の展開をお楽しみに、またPCに向かわれる機会がありましたらぜひまたいらしてくださいね。携帯からもきちんと閲覧できますので、よろしければ右下のQRコードからぜひ!
[ 2009/11/25 15:36 ] [ 編集 ]

No title

舞方雅人様!



驚きです、越久村と望美の寝取られ小説をブログで執筆なさった舞方さまですよね!?わたしは舞方様の小説を読んで寝取られ小説に目覚めたというくらいの大ファンで、いつでもいま携帯から読めるようにブックマークしてるくらいですよ!感激です!



こうしたブログをやっていればいつかお話できるかとはちらりと思っていましたが、まさかコメントを頂けるなんて思いもしませんでした。望美がタバコに目覚める過程など、わたしの小説の今後の展開でもたいへん影響受けてます。取り急ぎ返信させていただきますが、お話したいことがたくさんあります笑 またぜひコメントしていただければ嬉しいです、ありがとうございました!
[ 2009/11/25 15:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iosworld.blog.fc2.com/tb.php/21-8f0d57ed