ページの先頭へ戻る

イオのNTRゲーム集

2012/05/04 15:34ブログ記事 | コメント(5)



 わたしのPCにインストールしてあるゲームのショートカット一覧をスクショしてみました。かなりBlacklilithの割合が多いのは、趣味というよりはお値段の関係ですw 最近プレイしたのは左上の「愛する妻~」ですね。アトリエさくらさんは寝取られものに相当力を入れていらっしゃるようなので、前から新作が出るたびにチェックしてます。ただわたしにはちょっと描写がソフトすぎるきらいがありまして、いまのところあまり好みな作品に当たっていませんね。今回の新作はのぞきのもどかしさというか、浮気SEXそのものをずばっと見ることができないエロさ、みたいなのにこだわっていて良かったと思います。ただ、登場人物の名前を好きに設定できる関係で、妻の間男の呼び方が「チーフ」に固定されているのは好みじゃなかったですね。

 こうしてまとめて見てみると、一度ばーっとプレイして放置してあるゲームが7割以上ですねw テキストをスキップせずにきちんとシーン回収して、さらにまたゼロからプレイしたいなと思えるのは監獄戦艦1~2と陰湿オタクにイカれる妹、愛妻日記くらいでしょうか。

 そういえば、GWの休み中にかなりブログの中身をいじりました。念願だったRSSにも手を出せたので個人的に満足ですw ちょっとはまともなサイトっぽくなったでしょうか。連載中の「夫婦逆転」は、次でひとまずおしまいにする予定です。また「工藤夫婦」みたいな長編を書きたいのですが、なかなかアイディアが続かないですねw こうだったらよかった、こういうのが読みたいなど、コメントや感想お待ちしてます。
関連記事

昔1話だけ掲載された藤堂陽菜の日常は無かったことになったのでしょうか。
[ 2012/05/04 17:53 ] [ 編集 ]

うっ鋭いですね…覚えてらっしゃいましたか。
ひなを預かっている里親視点で高校生の義娘寝取られというのをやりたかったのですが、家庭崩壊ものの亜種といえどもいまひとつ間接的過ぎて面白くなりませんでしたね。続きが書けずサイト引っ越しとともに断念しました。工藤夫婦に比べて陽美はイマイチ筆がのらなかった覚えもあり、修行不足ですね。せっかく楽しみにして頂いたのにすみません。
[ 2012/05/04 18:02 ] [ 編集 ]

やっぱり工藤夫婦が今まで読んだすべての寝取られSSのなかで一番ツボでした。期待してもいいですか。

イオさんが休眠中、自分ならと考えていたのが、アメリカ系外国人に寝取られるなら、アメリカのポルノ女優のような巨大すぎるバスト、全身のタトゥーやケバ化もより過激に、より非人道的になるかなと。夫のシーメール化も徹底的に進める妄想をしてました。bimboficationなる言葉を知ってサイトを巡りましたが英語にお手上げ、すぐこのサイトに戻る日々でした。まさか新作が読める日が来るなんて思ってもいませんでした。
[ 2012/05/06 15:40 ] [ 編集 ]

元はと言えば、工藤夫婦みたいな長編が書きたくて…というか書いてしまったのでどこかに掲載したくてw このサイトを始めたんですよね。外国人寝取られは六本木とか歩いてるとリアルにそれっぽいのが見られますね~、日本人ギャルがアメリカナイズされて闊歩してますから。
海外でも白人男性が白人妻を黒人間男に寝取られる…というのが典型的なNTRパターンのようですね。ただ小説だと英語やシチュエーションの関係もあって難しいのかな~と思います。説明部分が長くなっちゃう気がするんですよねw
[ 2012/05/06 16:17 ] [ 編集 ]

たしかに言葉の問題ありますね。妄想失礼しました。


[ 2012/05/06 17:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iosworld.blog.fc2.com/tb.php/149-9b38763c