愛妻日記

 

【ストーリー】

自分よりもひと回りは若く、美しく、可愛らしく、優しく、貞淑で、家事が得意で。
およそ理想の妻として必要な素養を殆ど全て兼ね備えているのではないかというような、そんな伴侶をあなたが得たのは、四年前のことでした。
──早苗(さなえ)
誰が見ても羨ましがる、あなた自慢の妻。
そしてそんな妻と送る、平凡で幸福な日常。
ですが、誰が見ても幸せそうな日々を送っている二人は、実はとある問題を抱えています。
あなたの心因性勃起不全、つまりインポテンツが原因のセックスレス。
夫婦の務めが、夜の営みが、あなたたち夫婦のあいだではもう暫く行われていません。
妻としてではなく、女としても完璧と言っても過言ではない早苗。
あなたは、いつしかそんな愛する妻と自分との釣り合いを疑い、心の奥底でおびえるようになっていました。
はたして、自分がこのすばらしい女性にふさわしい男なのかどうかを。
「良いんです。愛し合って、心がつながっているならそれで」
夜の営みが無いことを罵ることもなく、あなたの最愛の妻は、あなたを変わらずに愛し続けます。
ですがあなたの不安は、妻のそんな優しい言葉とは裏腹に加速していました。
欲求不満から浮気に走られても文句は言えないと、そんなことまで頻繁に考えてしまいます。
浮気──と。
息を呑みながらつぶやくあなた。その目には異様な光がみなぎっていました。
いつしかあなたは、愛する妻が自分以外の誰かに抱かれて喘ぐ姿を想像し、
信じられないほどに興奮してしまう自分がいることに気付いていたのです。
家にいるあいだも職場にいるあいだも、欲望は突然あなたを苛みます。
『自分以外の誰かに妻を抱かせて、性欲を解消してあげればいいのではないか』
思い浮かべるたびに必死に振り払ってきた妄想に、いよいよあなたは蝕まれていました。
──その瞳が、女の噂が絶えない部下を見たまま、じっと固まります。


【感想】

寝取られ好きとしては抑えておかねばならない、正統派ど真ん中の作品。「妻が自分の留守中、家に男を連れ込んでいる」という前提のもと、家のさまざまな場所に隠しカメラを仕掛けておいて、帰宅後どきどきしながらそれを再生する…というかなり倒錯的な方法でストーリーが進みます。仕掛け場所によってトイレ⇒フェラ、ベッド⇒SMといったシチュが用意されており、同じシチュを何度も盗撮に成功すると、どんどん妻がそのプレイに慣れていく(没頭していく)という楽しみ方ができます。例えば、トイレを何度も盗撮していると、どんどん間男へのフェラが上手で淫乱なものになっていきますw

絵はソフト目です。「目眩く侮愛の宴」のように下品でハードなCGじゃないと抜けないよと思う方も多いと思いますが、イオとしてはそこを置いてもおすすめしたい作品です。声優さんがかなりいい仕事をしているので、絵の描写以上のエロティックさを楽しめると思います。「クリスマスに残業している夫の目を盗んで、下品なラブホで浮気セックス」「バカンスで初めて夫に見せるはずだったきわどい水着を、間男とのセックス用にしてしまう」「AVを真似てスケベな淫語フェラをさせられる」…シチュエーションは多様で、かなりNTRスキーのツボを押さえています。

【サンプル画像】










関連記事

[ 2012/05/07 18:12 ] 寝取られ/催眠作品 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iosworld.blog.fc2.com/tb.php/144-1d50b085